// you’re reading...

Events

地下大学 goes to 経産省前テントひろば

────寒い師走の17日、地下大学を出前したい。

高円寺北中通りを這い出て、日比谷公園の隣まで出かける。
持っていくのは「もり蕎麦」じゃない。暴言逆巻く沖繩でヘリコプター基地が迫る高江の話と
放射能や再稼働や海外輸出が押し寄せる原発問題をごった煮した「闇鍋」だ。
米軍だろうと、自衛隊だろうと、大企業だろうと、誰が基地や原発を必要としているのか?
霞ヶ関のテントの前には日比谷公園の派遣村があった。
その前には新宿西口の段ボール村があった。そのもっと前から山谷玉姫公園の越冬が続いている。
高江の道端にはいつもテントがある。「オキュパイ」は今始まったわけじゃない。
霞ヶ関を人が渦巻く路地裏の長屋にする時がきた。

「反基地と反原発、未来の想像力」
【出演者】
阿部小涼(琉球大学准教授、「合意してないプロジェクト」)
植松青児(「沖縄を踏みにじるな!緊急アクション実行委員会」、「原発どうする!?たまウォーク」実行委員)
ひまわり(福島育ち、経産省前女性座り込みの事務局)
スターター:平井玄(地下大学)
司会:園良太(東電前アクションなど)

日時:12月17日(土)15時~18時くらいまで
場所:「経産省前テントひろば
(地下鉄丸ノ内線・千代田線・日比谷線「霞が関」駅A12、13出口を出てすぐ)
主催:「地下大学」
(投げ銭カンパお願いします)
ユーストリーム生中継あり:http://www.ustream.tv/channel/地下大学

原発問題が果てしなく続く一方で、沖縄から田中防衛局長の「犯す」などの暴言が出た。
それは「本土」から沖縄への暴力支配を誰の目にも明らかにした。
中断されていた沖縄島北部、東村高江への米軍ヘリパッド建設工事もまた始まった。
沖縄の自由と生存はめちゃくちゃに踏みにじられてる。
原発の放射能被害を受ける私たちも、自由と生存を踏みにじられてる。
どうしたら良いかわからない状況の中で、街頭デモに出て、「ひろば」に集まり、声を上げる。
そこに飛び出した沖縄への暴言。沖縄で高まる怒り。ただ私たちの多くは原発に手一杯で
つながりきれていない。でもたとえ原発を全部なくせても、沖縄に基地が残り続けるなら、
一部に負担を押しつけたまま。また福島に放射能被害が押しつけられるなら
それも同じ事になる。もう終わらせよう。

どうしたら「反原発」の中味を深め、手詰まりを越えられるか。
どうしたら沖縄から基地をなくせるか。一緒に話し、多様な出会いを生み出すことで未来が見える。
原発も、基地も、国家の支配体制の問題なのだから。

沖縄ー東京ー福島の話を往復しながら、自分たちが今やっている反原発運動の課題ともからめながら語ろう。
多くのご参加を!


★阿部さんも発言、翌18日は
「更迭で終わらせない!沖縄への暴力支配を止めよう!12.18新宿ど真ん中デモ」
2011年12月18日(日)
13時:新宿アルタ前広場で全国アピール(沖縄からの発言など)
14時:デモ出発、新宿東口・西口繁華街を縦断!!
http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/


Discussion

No comments for “地下大学 goes to 経産省前テントひろば”

Post a comment