// archives

山谷

This tag is associated with 1 posts

「不機嫌」な写真家・南條直子

──80年代・右翼・山谷・アフガニスタン

※1月13日の開場時間が18:00~22:00に変更になりました! あらかじめご了承の程、宜しくお願いいたします。

【2013年 一発目の地下大学!】
※今回は、写真展の開催(1月12日~14日)
14日は、南條さんを取り上げたドキュメンタリー鑑賞&トークとなっております。

kairou■写真展
写真展示期間:1月12日(土曜日)~1月14日(祝日の月曜日)
時間:1月12日(13:00~20:00)、1月13日(18:00~22:00)、1月14日(15:00~トーク終了まで)

■映像鑑賞&トーク
日時:1月14日(祝日の月曜日)
第一部:「南條直子を紹介したドキュメンタリー」鑑賞 18:00~19:00
第二部:トーク  19:00~21:00
トーク:織田忍(ライター/『山谷への回廊~写真家・南條直子の記憶1979―1988』編集&著)
<本について:検索ワード山谷への回廊> http://a.sanpal.co.jp/matu/kairou/
※ゲストも調整中

バブルが膨らむ直前の1980年代初め、
カメラを手にした一人の若い女性が山谷の街角に現れた。
アフロヘアにアーミージャケット、片時もタバコを手放さない。
そして、体の中で膨らんだ何かを決して語らなかった。
彼女は、右翼少年たちに密着した後、日雇いの街に来た。
ある日アフガニスタンで地雷を踏んだと報せが届く。瞬く間の24年間。
南條直子が焼き付けた「不機嫌」を今、感じ取る。

<写真展/トークとも>
場所:素人の乱12号店(高円寺北3-8-2フデノビル2F)
北口から北中通りのちょっと先、アヤマ接骨院脇の階段を昇った奥
http://trio4.nobody.jp/keita/shop/12/map.html
・資料代500円+投げ銭よろしく

不屈の民でええじゃないか! ──大熊ワタルが語る、山谷の映画から官邸前まで

【地下大学・音楽 × デモ】
・11月17日(土)15時~18時
・素人の乱12号店:高円寺北口北中通り先、アヤマ接骨院の2階
・資料代500円+投げ銭

映画「山谷 やられたらやりかえせ」予告編あり!

吉祥寺の「マイナー」から弾け出た「音の流れ者」大熊ワタル。
postパンクなソングを奏でるロッカーが、
どういう風の吹き回しか日雇い労働者の街・山谷に向かう。
そこで見たものはなにか?

日雇いたちを描いた映画に音で寄り添い、二人の監督たちが血に塗れる。
「昭和」が屍になると、やがて無二の楽友・篠田昌己が世を去った。
punk、ブレヒト、クレズマー、チンドン、アイラー、ジプシー & more。
気がつくと、高円寺から官邸前への Musical Mystery Tour。

子供劇場、ルナパーク・アンサンブル、A-Musik、コンポステラ、旅する芝居の音魂。
そしてシカラムータを聴きながら、「楽隊屋」大熊ワタルが歩いた音の轍を辿る。
必見! 予告編『山谷 やられたらやりかえせ』。

YouTube Preview Image