// you’re reading...

Events

宮崎滔天の煩悶 明治版「左か右か」「連帯か侵略か」の別れ道

地下大学2012夏 1/3
鹿島拾市(元 秋の嵐)

熊本の自由民権一家の末弟「宮崎寅蔵」が生まれたのは維新から3年後。
若き寅蔵は、西南戦争で民権派として死んだ長兄の背を見て育つ、
そして「滔天」と名乗り、中国に「回天」を起こすため江南の地を飛び回った。

初心で涙もろい明治の青年寅蔵こそ、我らの「同時代人」である。
「浪曲師」になったあの髭男は、いったいどんな奴だったのか?
脱原発の大波に溺れつつ、「未来の明治」に飛んで考える。

【日時】7月18日(水)19時より
【場所】素人の乱12号店・きたなかホール(高円寺)
杉並区高円寺北3丁目8-12 フデノビル2F 奥の部屋
(北中通り沿いアヤマ接骨院脇の階段を昇って奥)
http://trio4.nobody.jp/keita/shop/12/map.html
【料金】資料代500円+投げ銭(自由意思)


Discussion

One comment for “宮崎滔天の煩悶 明治版「左か右か」「連帯か侵略か」の別れ道”

  1. […] 1)7月18日(水)19時より 「宮崎滔天の煩悶 明治版「左か右か」「連帯か侵略か」の別れ道」 ・鹿島拾市(元 秋の嵐) […]

    Posted by 地下大学2012夏 | 地下大学 | 7月 12, 2012, 12:02 AM

Post a comment